お知らせ

吉田特別支援学校生徒の皆さんの奉仕作業が行われました

今日は県立吉田特別支援学校高等部の生徒の皆さんが、オアシス館に来て、奉仕作業をしてくれました。

生徒の皆さんは、作業学習として、毎月1回オアシス館や外の芝生広場などで、清掃作業などをしていただいています。

今日は、日頃吉田町の防災まちづくりの取り組みを説明するときに使う、ホールの床にある航空写真を、ぬれた雑巾で水拭きしてくれました。

床にある写真ですので、普段は、来館者の皆さんが靴で踏むところです。だから、少し汚れが付いていましたが、生徒の皆さんが一生懸命磨いてくれたおかげで、航空写真は、明るく、ピカピカになりました。

ホールは暖房もなく、水でぬれる雑巾はきっと冷たかったでしょう。

支援学校から毎月ここまで歩いてきて、奉仕作業を終えればまた歩いて帰っていきます。

今後12月も1月も作業に来る予定となっています。

2月は3回も作業日があります。

これから寒い日が続きますが、健康には注意して、元気で学校生活を送ってください。

本日は、ありがとうございました。