よしまち公社プロフィール

つなぐところ つながるところ

当法人は、地域振興と町のさらなる魅力づくりと町勢の発展、
公益の増進に寄与することを目的とし、平成28年5月27日に発足しました。
防災公園管理棟「オアシス館」に事務所を構え、
防災公園「北オアシスパーク」の指定管理者となっています。
情報発信事業、町みがき事業、企業サポート事業を主な3本柱とし、
町の賑わいづくりに貢献しています。
また、地域経済活性化事業の一環として、
このホームページの「べっぴんガイド」の中で、
吉田町の名産を扱う業者や飲食店を紹介しています。
各店のこだわりやイチオシ商品も掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

よしまちぱぶりこ4つの特徴

行政(吉田町)と
地域の公共的団体や
企業などが立ち上げた
信頼感のある確かな法人

よしまちぱぶりこは、防災対策と賑わいづくりを一体的に進める町の「シーガーデンシティ構想」を前進させるために設立された一般社団法人で、設立団体(社員)は、町、商工会、農協、漁協、うなぎ漁協、静岡銀行、島田掛川信用金庫、富士フイルムとなっています。

吉田町の防災公園
(北オアシスパーク)に
事務所を置く
防災拠点の番人

よしまちぱぶりこは、町の防災公園「北オアシスパーク」の指定管理者となっており、防災拠点としても地域の賑わいの場としても欠かせない都市公園を大切に育んでいます。そして、事務所も、北オアシスパークの管理棟「オアシス館」内に置いています。

吉田の魅力を
掘り起こしながら発信する
地域の賑わいづくり仕掛け人

よしまちぱぶりこは、ホームページの活用や情報誌の発行などを行い、「うなぎ」や「しらす」などの逸品をはじめ、極めつけの吉田の魅力を掘り起こしながらみなさんにご紹介し、その魅力をみなさんにご堪能いただける機会を提供します。

吉田の魅力づくりのためになる
地域貢献なら何でも
トライする法人

よしまちぱぶりこは、自らの手でも吉田の魅力づくりを手掛けており、地域おこしイベントの開催、地域活性化のための企業支援、ボランティア活動の斡旋、美しく安全な環境づくりのための除草作業など、多様な地域貢献の営みを実践しています。

吉田町まちづくり公社は
「吉田の魅力伝導師」

吉田町まちづくり公社(よしまちぱぶりこ)がある吉田町は、
豊富な大井川の伏流水が育んだ「うなぎ」「しらす」「レタス」など
極めつけの美味しさをふんだんに提供できる町です。
そして、年中温暖で過ごし易く、東名吉田インターチェンジがあり、
自然と都市機能とが絶妙にバランスしたコンパクトシティで、
大企業の立地も多い元気で魅力いっぱいの町です。
吉田町まちづくり公社は、こうした吉田町の魅力を発信し、
みなさんに触れていただけるようにするとともに、
柔らかな発想と直向きさで、更なる魅力づくりのために
日々活動しています。

よしまちぱぶりこ
アクティビティスタイル

町の賑わい・町の魅力づくり

都市公園の指定管理

吉田町防災公園(北オアシスパーク)の指定管理

町の防災拠点の良好な管理と地域の賑わいの創出

他の活動内容を見る

町の活力づくり

ホームページの運用

吉田の逸品紹介(べっぴんガイド)

吉田の逸品販売支援(べっぴんガイドを活用した吉田の逸品販売の仲介)

写真で見る吉田のまちなか紹介(まちなかスナップ)

吉田の特産品を活用したまちの魅力発信

よしまちべっぴん購入特典キャンペーン実施

情報誌等の発行

他の活動内容を見る

町の活力づくり

企業活動支援

企業よろず相談所「吉田町企業サポートセンター(よしサポ)」の運営

創業支援セミナーなどの開催

町みがきの地域貢献

公共の場の除草作業

ボランティア活動の支援

他の活動内容を見る

沿革

設立発起人会

平成28年4月28日
呼び掛け人 田村典彦吉田町長

設立時社員総会

平成28年5月16日

法人設立日

平成28年5月27日
(事務所 静岡県榛原郡吉田町住吉87番地 吉田町役場庁舎内)

営業開始日

平成28年6月1日

事務所の移転

平成28年10月1日
静岡県榛原郡吉田町神戸673番地の1 北オアシスパーク管理棟「オアシス館」内に移転(平成28年10月1日 北オアシスパークの指定管理開始)

役員構成

⼀般社団法⼈ 吉⽥町まちづくり公社 役員(令和6年5⽉24⽇現在)
理事⻑

塚本 昭⼆

理事

増⽥ 学(吉⽥町商⼯会会⻑)
加藤 昭(静岡銀⾏吉⽥⽀店⻑)
齊藤 龍馬(富⼠フイルム(株)吉田南事業場人事部マネージャー)
谷澤 智秀(吉田町理事)

監事

横田 渉(島田掛川信用金庫吉田支店長)

事業(定款)

1) 地方公共団体が設置する施設の管理運営

2) 防災に関する人材の育成及び情報の提供

3) 防災関連用品の開発、普及及び販売の支援

4) 水産品の消費拡大、加工品の開発及び販売の支援

5) 企業間の連携強化及び雇用の促進

6) 地域イノベーション(地域経済の創造的革新)の推進及び起業の支援

7) ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を図る事業の促進

8) 民間企業、教育・研究機関及び地方公共団体の連携の推進

9) 地域内外の交流の促進及び定住化の促進

10) 防災対策と賑わい創出事業の推進

11) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

事業概要

平成28年度

支出総額 33,514,270円
情報誌(よしだものがたり)発行、まちの情報発信、働く女性の集い、婚活イベント、吉田ビジネス未来塾、防災啓発、北オアシスパークの指定管理

平成29年度

支出総額 31,928,875円
情報誌(Hata-Raku)発行、まちの情報発信、働き方改革シンポジウム開催、婚活イベント、よしだ健康ウォーク2017、防災啓発、北オアシスパークの指定管理

平成30年度

支出総額 30,226,221円
情報誌(よしだdeはたらく)発行、まちの情報発信、婚活イベント、防災啓発、北オアシスパークの指定管理

令和元年度

支出総額 25,088,814円
情報誌(よしだっこ)発行、まちの情報発信、婚活イベント、地域の環境美化活動、防災啓発、吉田町企業サポートセンター「よしサポ」運営、北オアシスパークの指定管理

令和2年度

支出総額 34,092,852円
ホームページリニューアル、吉田の逸品紹介サイト(吉田町べっぴんガイド)構築、吉田の街中紹介サイト(まちなかスナップ)の構築、まちの情報発信、地域の環境美化活動、防災啓発、吉田町企業サポートセンター「よしサポ」運営、北オアシスパークの指定管理

令和3年度

支出総額 31,752,551円
ホームページを活用した情報発信(吉田の逸品紹介サイト「吉田町べっぴんガイド」、吉田の街中紹介サイト「まちなかスナップ」など)、地域の環境美化活動、防災啓発、吉田町企業サポートセンター「よしサポ」運営、創業支援セミナー開催、創業専門相談開催、ボランティア活動の斡旋・協働、北オアシスパークの指定管理

令和4年度

支出総額 34,337,602円
まちの魅力発信(よしまちべっぴん認定審査委員会、吉田町の逸品紹介サイト「吉田町べっぴんガイド」、べっぴん購入特典キャンペーン、まちなかスナップなど)、地域の環境美化(町みがき)活動、シーガーデン(川尻エリア)景観形成事業(南オアシス花回廊づくり)、防災啓発、吉田町企業サポートセンター「よしサポ」運営(経営相談、創業専門相談、創業支援セミナー)ボランティア活動の斡旋・協働、北オアシスパークの指定管理』

令和5年度

支出総額 38,874,916円
まちの魅力発信(よしまちべっぴん認定審査委員会、吉田町の逸品紹介サイト「吉田町べっぴんガイド」、べっぴん購入特典キャンペーン、まちなかスナップなど)、地域の環境美化(町みがき)活動、シーガーデン(川尻エリア)景観形成事業、防災啓発、吉田町企業サポートセンター「よしサポ」運営(経営相談、創業専門相談、創業支援セミナー)ボランティア活動の斡旋・協働、北オアシスパークの指定管理

令和6年度

1 基本方針

一般社団法人吉田町まちづくり公社(以下「公社」という。)の設立趣旨を踏まえ、社員相互が連携・協力して町勢の発展と公益の増進に努めるため、次に掲げる事項を重点として各種事業に取り組みます。

⑴ 人の動きや経済活動が活発化することを踏まえた事業計画及び予算編成とします。

⑵ ホームページを活用したまちの魅力発信事業をさらに充実させるため、べっぴん認定と連動する「べっぴんガイド」の拡充を進めるとともに、ホームページを利用したキャンペーンを実施し、町の魅力を効果的に発信します。

⑶ 吉田町内で創業を目指そうとするニーズに応えるため、町の委託を受けて毎月1回開催する創業支援相談と支援セミナーを実施します。

⑷ 町の委託を受け実施する「シーガーデン(川尻エリア)景観形成事業」については、町の求めに応じながら、創意工夫を加えてより魅力ある景観づくりを進め、シーガーデンシティ構想の具現化の一助の役割を担うよう努めます。

⑸ 公共用地の良好な環境を保全するため町から要請を受け実施する「地域貢献環境保全事業」については、作業箇所となる公有地が年間を通して適切に管理されるよう配慮し、町の要請を上回る成果を残すように取り組みます。

⑹ 北オアシスパークの指定管理業務では、より快適で利用し易い公園として運営し続けることができるよう引き続き木目細かな管理を実施するとともに、公園に具備された防災機能などを生かした防災意識の普及啓発にも努めます。