事業内容

平成30年度の事業計画

吉田町まちづくり公社が計画する平成30年度の事業を紹介します。

基本方針

公社設立の趣旨を踏まえて、社員相互の連携・協力により、防災まちづくり及び地域活性化の推進機構として、「情報発信」をメインテーマとした諸事業の着実な実施を図るとともに、町が行う事業への協力と参画に努めるなど公益性を担うセクターとしての使命の遂行と運営の充実を図るものとします。

事業方針

(1)情報インフラであるWEBサイト等を活用し、まちの魅力の掘り起こしと情報の発信を推進するとともに、町並びに社員が行う情報発信の取組への積極的な協力を行います。

(2)「吉田で働くことが楽しくなる」をテーマに、情報誌の発行や事業所見学会を開催するなど、働くまちとしての情報の発信に取り組み、まちの賑わい創出と若者定住化の促進につなげます。

(3)共通の経営課題をテーマに、社員相互や行政と社員との意見交換の場を設けるなど、情報共有を通じた事業所間のネットワークづくりを進めます。

(4)北オアシスパークにおいて、展示や施設案内などによる防災啓発事業を実施し、防災情報の発信機能の向上を図ります。

主要事業(概要)

(1)まちの魅力発信事業

①WEBサイト等利活用事業 計画額2,376,000円(新規)

町や社員との連携を図りつつ、WEBサイト「よしだものがたり」等を活用したまちの魅力の発信(事業所、店舗、くらし応援情報)の発信を行います。

(臨時職員人件費1,728千円・WEBサイト関連業務委託648千円)

②情報誌「Hata-Raku」発行事業 計画額 2,450,000円(継続)

WEBサイト等との情報リンクを図りつつ、新規就労者をターゲットに、事業所、店舗、及び暮らし応援情報を内容とする冊子を発行します。

(形式)A4版・カラー・10,000部・42ページ

(テーマ)「吉田で働くことが楽しくなる」

(内容)公社加盟事業所、町内事業所、店舗、及び暮らし応援情報の掲載

(発行)1回(平成31年2月)

(財源)町賑わい創出事業費補助金 1,000,000円

広告料 1,300,000円  公社財源 150,000円

(2)工場見学会開催事業 計画額 300,000円(新規)

高校生及び大学生等の若年求職者層を対象として、公社加盟事業所を見学する事業所見学会を開催します。

(開催回数)2回

(開催時期)平成30年8月

(対象)高校生、大学生、及び若年求職者等 40名

(参加料)無料

(内容)公社加盟事業所の現地見学及び懇談

(事業費)300,000円

(財源)公社自主財源 300,000円

(3)企業間ネットワーク推進事業(新規)

共通の経営課題をテーマとして、社員相互の情報交換や行政と社員との意見交換の場を提供する。

(4)地域貢献事業(新規)

町の要請に応じて除草等の環境美化の活動を行うなど、地域貢献の取組を推進します。

(5)防災公園指定管理事業 計画額 10,949,131円(継続)

北オアシスパークの管理に関する基本協定書に基づき、指定管理施設の運営管理を行います。

(6)防災啓発事業 計画額 2,520,000円(新規)

北オアシスパークを防災情報発信の拠点として、展示や施設案内などの防災啓発の取組を推進します。(職員人件費・上記の指定管理事業に含みます。)

 

 

吉田町まちづくり公社では、オアシス館を会場に開催される催しのPRをホームページで行っています。詳しくは、公社事務局までお問合せ下さい。
(電話)0548-33-2700(担当)矢澤まで